やりたい仕事はありません

社会不適合者ガレージ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

やりたいことはないの?と聞かれても、ぶっちゃけ仕事においてはやりたいことが一切ない。

こんなことが好きとか、興味があるとかはあるけど、なぜにそれが仕事というものに繋がるのか疑問。

好きなことなら続くとか、興味がある分野であれば主体的に取り組めるとか、そんなことはよく言われますが、そんなバカな。

それが仕事となると責任が伴うし、当然理不尽なことが起こる。そんな状況で好きなことを続けろと、拷問か。

愚痴がすぎましたね。

やりたいことがないと言うと、自己分析が甘いとか、社会人としての自覚が足りないと怒られてしまいます。

自己分析なら私もしました。

頑張った経験はありますかー?今までで嬉しかったことはー?尊敬する人はー?あなたの長所はー?…

それを散々やったわけです。そしてそこから自己PRやら面接問答を考えて、面接練習をして、想定質問の受け答えも用意して、そして内定した会社をすぐ辞めたわけです。

結局のところ、内定取るまでがゴールになっている。そのゴールに向けた自己分析など、就職後は全く当てにならない。

もちろん、自己分析の段階で将来の目標とか、入社後にしたいことなどそういった諸々は考えています。

とはいえそんな先のことを考えたとて、入社後は新人としてやることがたくさん。全くイメージとは違う仕事内容が目白押し。

以前に考えていた将来やら何やらはもうどっか行きます。

そもそも5年後10年後なんて想定も何もありません。来年すらろくに見通せない現代で、5年後10年後〜なんてものは将来像とかそんなもんではありません。

妄想です

そんなもののためにまずは3年とか全くもって会社都合の良い話です。

就活における自己分析など、私にとっては就活がんばる理由付けでしか、ありません。

必死に自分を洗脳しているんです。

就活している自分はえらい。今のがんばりは必ず報われる。この会社に入ることが私の幸せに繋がる。

さらには会社に入ったらがんばって働きます洗脳も同時進行です。

こういった貢献をします。上司の指示に従います。成長の為の努力を続けます。会社貢献します。

歯車になる自分を正当化しつつ、美化して、肯定して、望むわけです。

そしてさも私は素晴らしい就活生のように、そして見合う素晴らしい会社に出会い、巡り合いご縁があったように錯覚するわけです。

作りに作り上げた自己PRや志望動機。面接問答や表情から、会社が良しとみなし、内定なわけですから、素晴らしいご縁で、無事雇用契約となるわけです。

なるほど、自分も良いと思い会社側も良いとなった。ウィンウィンだ。

そんなことはない。

就活中、とりわけ私はエージェントとの就活中。正社員という素晴らしさ、紹介会社の良さ、社会人としての美学、あれやこれや詰め込まれ、自己分析という名の就職美化をされ、残業も成長の為、苦しさも成長のため、スーツの着こなし、受け答え、笑顔、話し方、すべてをそれっぽく統一され、量産系就活生の1人になっていたわけです。

詰まるところ、エージェントに都合の良い人になっていたわけで、無事、紹介会社(エージェントの顧客)に商品として出荷されたわけです。

もちろん私は就職したかったわけですが、当初考えていた進路とは全く違う世界へ行ったわけです。

みんなやりたい仕事をしているわけではない。入ってみてできるように、好きになることもある。最初はみんな営業だ、そこからみんな学んでいく。仕事より人や社風で選んでみよう。とにかくハキハキ元気に。

もちろん正論ですし、それっぽく聞こえますが、とにかく顧客に送る為です。

こちらは二の次。とにかく確実に就職させることが先決。

営業志望でなくとも、営業職募集が多ければ、営業の魅力、良さ、将来性、身につくこと、営業ゴリ押しです。

へぇ、それなら良いかなぁ。と思わせたら勝ち。

結局私はダメだった。

やりたいことなんてありません。

それっぽくやりたいことや、将来のこと、好きなこと、頑張ったこと、仕事での目標、並べてそれっぽく語るわけですが、それは結局就活において使うために作り上げたもの。

自分で語っておきながら、虚像を語っているわけです。

そこに自分はいない

そんなところで、いくら人間関係や社風の良さで選んだとて。

和食のお弁当に、ピザ突っ込むようなもの。

ギャップありまくりの、合わない感満載です。

そこで頑張れと言われても、一体何のために頑張っているのか?どこを目指して頑張っているのか?なぜここにいるのか?

完全に迷子です。

やりたい仕事がないのなら、それに見合った理由があるはずです。

やりたい仕事がないのに、仕事で成長したいですとか、会社に貢献したいです、みたいなこと言っちゃうと、職場でギャップに会います。自分も上司も。

そもそも仕事に対するモチベが低いからこそ、やりたい仕事がないわけで。

それなのに、無駄に仕事で成長したいとか言うと、仕事に対する意識高いやつと思われて採用されてしまいます。

ですが、実際は休日とか趣味を大切にしたい人の場合、仕事は最低限必須なことしかやらないし、積極的に残業するわけがない。

ですが会社側は、あいつすぐ帰るやん、という評価になり、面接の時とだいぶ印象ちゃうやん、となります。

なので私のような仕事意識低い系は、間違っても優秀なビジネスパーソンになりたいてきなことは言ってはいけません。

自分の立場を悪くします。

なので、私は相変わらず「やりたい仕事はない。」

という人間です。

そういう人間として仕事を探します。仕事はしないと生活していけないので。

仕事に満足感を得ている皆さん、明日の仕事が楽しみでしょうがない皆さん、職場に行くのが楽しみな皆さん。

あなたはなぜそうなのか、教えてください。

参考にしたいです。

できれば私も前向きに生きたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました