シン・生活

こみやの思考
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

4月1日となりました。

新生活ですね。

新社会人でしょうか?
新しい学校生活でしょうか?
新しい住まいに変えましたか?

それともいつもと変わらぬ日常でしょうか?

2020年、現在は世界が大きく渦に巻き込まれています。

新型コロナウイルスの猛威によって、
外出もできず、仕事も制限され、消費も落ち込み、失業者も出る。

違う意味でいつもと違う日常ではないかと思います。

マスクが売ってなかったり、ティッシュが足りなかったり、
病院がすごく混んでいたり、電車が空いている。
いつもいく店が閉まっている。
テレビのアナウンサーが妙に距離をあけて座っている。
海外の混沌とした病院の映像が映し出される。
慣れない在宅勤務。
突然の休業・倒産。

なんだか、海外が妙に騒いでいて、日本は他人事のように見えますが、
そんなことはない。

日本もその渦の中。

確実に、迫ってきています。景気後退が。

私は何ができるんでしょう

医師免許も持っていません。
感染症の専門家でもありません。
政治家でもありません。
マスクの製造もできません。
人工呼吸器、作れません。
多額の寄付、そんなにお金ありません。
簡易スペースの提供もできません。

でも、できることはあるでしょう。

私には関係ない。若いから大丈夫。よそはよそ、うちは大丈夫。
そういう話ではない。

密閉空間は避けましょう。
人の多いところは避けましょう。
人との近い距離での接触は避けましょう。
マスクをしましょう。
手洗い・うがいをしましょう。

万が一、感染したら、自ら外出を避け、自主隔離。
しっかり病院で診てもらいましょう。

個人の意識で、できることがあります。

緊急記者会見などで、政府などから要請等も出ています。

今回の新型コロナウイルスで、
信用がかなり低くなったモノもありますが、様々なところから要請・報告・研究など出ています。

命令されなければやらない、ではいられません。

それでは、今以上に規制が厳しく、プライバシーもない世界になってしまいます。
そこまでいくまで放置しますか?

ひとりひとりの意識・行動で良い方向にすこしづつ向くはずです。

おそらくそう簡単に終息はしないでしょう。
1年以上かかるという専門家もいました。
コロナと共に生きる。
そんな社会になるのでしょう。

ひとりひとりが新しい意識で生活を。

シン・生活、始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました