転職活動終了

こみやの体験談
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

転職活動を始めて約1ヶ月が経ちました。

新卒で入社した会社を約3ヶ月で退職して、始めての転職活動。

転職サイトをつかって、エージェントもみて、転職関連のブログもみて、
自分のしたいこと・求めることも考えて、

転職活動、終了です。

転職活動が、どのくらいの期間行うものなのか知りませんが、
私は約1ヶ月で終えることにしました。

私は10社ほど受けて、最終的に2社内定をいただきました。

転職活動を始めた頃は、
自分が仕事に何を求めるのか・何をしたいのか・どんなことを身につけたいのか
色々と曖昧でした。なんとなくやっていたわけです。

そのため、応募した求人がバラバラです。

書類選考で落ちることももちろんあり、
面接に進んでも志望動機がうまく話せないことも。

それでも内定をいただいた2社に関しては、
とてもよく話せたと思います。

うまく話せたとか、台本通りとか、面接対策通りとか、
そういうことではなくて、
お互いの距離感が良い、打ち解けた面接になったと思います。
(30分予定の面接が90分くらい話してました。なんてことも。)

そもそも私は面接対策とかしないでアドリブで挑むタイプなので、
台本も何もないのですが。

結局振り返ると、うまく話せなかったり書類で落ちたりしたところに関しては
応募した理由やその会社で何ができるか、何をしたいのか。ということを
自分がわかっていない、状態だったと思います。

「なぜ弊社で働きたいんですか?」
「前職ではどんなことを?」
「弊社でどのようにいかせます?」

自分の今までの経歴やスキル、資格とは全く関係ない会社を受ける時はかなりチグハグです。

「異業種・異職種」に挑戦したい気持ちはありますが、
そこにアピールするものを持っていない私はほぼ無理ゲーです。

最初はアピールポイント0で動いていたと思います。

ただでさえ、3ヶ月で退職というマイナス面を持っているのに・・・

「私のアピールポイントは何か?」
ここを考えると、社会人としては何もないので
結局、教員免許でした。
ここをアピールして、ここを評価してくれるところを受けてみよう。

そこからは早かったです。
学校教員ではなくても、児童関連はある程度求人があり、
教員免許を持っていると、面接に進みやすいところもありました。

転職は即戦力採用。
私は第2新卒なので、ポテンシャル採用に近いですが、
それでも自分に何ができるか、どんなことをしたいかといったことがわかっていると、
会社とのミスマッチが減りますね。

前職で内勤が向いていないというのはわかったので、
内勤業務の少ないところへ。

「何がしたいのか」
教員免許を生かしつつ、業界での経験も積めて、実務スキルが身に付くところへ。

将来のビジョンがなんとなくでもあると、そこに向けての道が見えてきますね。

「今持っているものは何か」
「それを活かせるか」
「足りないものは何か」
「新しく何か獲得できるか」
「ビジョンや方針に共感できるか」

転職活動は人それぞれだと思いますし、
ぶっちゃけ転職エージェント使えば、
こういった諸々全部教えてくれて、アドバイス・支援全部やってくれると思いますw

しかし私は家にいて時間もあったので、自分でやってみました。

苦戦したし、道に迷ったし、
うまく説明できません。

成功したのかもわかりません。

それでも、
「自分のアピールポイントは何か」「何を身につけたいのか」
これが明確になるだけで、だいぶ違ったなと思います。

たまには道に迷うのも悪くないですね。

次の会社では社会人として、しっかり経験積みたいですね。

今回の選択が失敗で終わらないためにも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました