【禁煙】タバコ吸わずに1ヶ月生きた。

こみやの体験談
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

私自身もとても驚いています。
まさかこんなに急に禁煙がうまくいくとは。

私は過去に何度も禁煙を試みています。
そしてことごとく失敗しています。

私が今回禁煙を開始したのは、8月1日。

なぜまた禁煙を試みたのか、理由を挙げるとすれば、「転職」の影響です。
仕事による「生活リズムの変化
また仕事内容が前職からガラッと変わるので、タバコを吸うことに少し「抵抗感」が出てきました。

以前の職場では、1日のほとんどをオフィスで過ごし、(席に座って)
仕事をしながらも、自由に席を立つことができました。
つまりいつでも「タバコ休憩」に行けたわけです。

さらに、朝早くから毎日の電車通勤・残業が前提・新人の仕事、電話対応。
とにかくストレスの多い毎日でした。

ストレス要因の多い状況で、いつでもタバコが吸える環境にいた。

一方、転職先の現在の職場。

基本職場で1日を過ごしますが、状況が違います。

まず、ほとんどの時間立っています。
そして1人で簡潔する仕事ではありません。
なので、自由に休憩にいくという環境ではありません。

そして、出勤時間が以前より遅くなりました。
その分、退勤時間も夜にずれるわけですが、
残業がありません。
そして、今は自転車通勤です。

自転車通勤は良いリフレッシュ

仕事柄、子供と触れ合う時間が多いので、
「匂い」は気になります。
これだけでもタバコを吸う「抵抗感」があります。

環境が意識を変えた

私は今までに何度も禁煙を試みましたが、
1週間続けばいい方でした。

今は最長記録継続中です。

うまく行っている要因は間違いなく「環境が変わったこと」です。

私は職場不満を理由に転職しました。
禁煙したいから転職したわけではありません。

しかし図らずも、自分をおく環境がガラッと変わったわけです。

  • 電車通勤→自転車通勤
  • 個人営業→対人
  • 一人で仕事→集団での仕事
  • 内勤→内勤&外勤
  • 営業職→福祉

これによって、タバコを吸うことに対して抵抗感、否。
「タバコを吸う」こと自体を、考えなくなりました。

禁煙を継続するには

禁煙が1ヶ月続いただけで浮かれ気分ですが、
この嬉しい気分を継続したいですね。

これは間違いなく成功体験ですから、これは素直に自分を褒めていいと思います。

うまく行っていることは、素直にそれを認めていいと思います。

「まだまだ」という向上心もいいですが、
「よくやった」と労うことも大事です。

そして禁煙に関しては、辞めたいと思うことも大事ですが、
環境を変えるのはいい方法なのかなと、実体験を持って思います。

禁煙外来もその1つなのかもしれません。
第3者に見てもらうわけですし。

では、良い禁煙ライフを。

コメント

  1. […] 【禁煙】タバコ吸わずに1ヶ月生きた。タバコを吸わずに1ヶ月経ちました。今度こそ禁煙が成功しそうです。yurutatsublog.com2020.08.22 […]

タイトルとURLをコピーしました