早期退職者の私、内定。

こみやの体験談
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

コロナ禍、転職を繰り返して崖っぷちだった私。

どうにか就職先が決まりました。

退職を繰り返した私は、履歴書に書かれている経歴を見ると「すぐ辞める人」という印象を与えます。

そんななか、書類選考から面接に行く会社などほぼ皆無。

数少ない選考チャンスをモノにできてよかったです。

もちろん面接に進んだ上で、「見送り」もありましたが、それはしょうがない。

私はかなりキャリアスタートをずっこけたと思っているので、あくまで「選ばれる側」として面接に望んでいました。

わたしから会社を選べるとは思っていません。

そのため、できる限り「私自身」をアピール、知ってもらいつつ、「これからのこと、将来性」を語らなければなりません。

かつ、「退職を繰り返した私」とは違う、変化した私を感じてもらわねばなりません。

用は「前向きかどうか」です。

これは書類では伝えづらいものです。

面接を重ねた上で「将来性・覚悟」を感じてもらえれば望みありという感じです。

もちろん、必ずと言っていいほど「退職理由」を聞かれます。

ここは正直に話すしかありません。

会社でこんなことがあった、こんなことを考えていた、こういう思いで辞めた、みたいなことを正直に言います。

そこから、当時の考えと今の考え、反省や考察、かつ今に変化があったかどうか、何を学んだかを付け加えなければいけません。

そうでなければ「退職時と変わらずの人」になり、「え、また辞めるやんこの人」という評価になってしまいます。

これだけは避けねばなりません。

私自身、もう過去のようなことはしたくないですし、もうそろそろ社会人として実績・評価・成長したいですから。

どれだけポジティブ・ハングリーな印象を与えられるかです。

なによりもそこから人柄・人物像を面接官に知ってもらわなければなりません。

この人がこの会社に合うかどうか、判断してもらう材料を与えねばなりません。

なので着飾って別人のようなことを与えると、入社後のギャップになりますので、ウソはやめた方がいいです。

内定を取るのがゴールではありません。

そこから働かねばならないので、できる限りマッチする会社へ行くべきです。

ギャップは0にはなりませんが、0に近づく努力はすべきです。

なのでうそ方便の面接は辞めましょう。自分のためになりませんし、なにより面接官にはバレます。相手は人事のプロです。

自己分析や企業研究と言われるモノもがんばりました。

しかし、1番やるべきはしゃべることです。

話すこと、文面を考えることも重要ですが、それはあくまで骨組みで、そこからどのように言葉で伝えるかが重要です。

ある程度考えておけば、アドリブでも話す内容は出てきます。

ここだけは伝えたい、言っておきたいというのだけまとめておけば、あとは話すだけです。

実際に話す練習をすべきです。

声のトーンや表情、スピードなどは、実際に人に聞いてもらわないと実力がわかりません。

同世代でも親でも上司でも、最悪鏡に向かってでも話すべきです。

私は同世代の求職者とやりましたが、やってよかったです。

求職者の皆さん、ご武運を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました