【スリープテック】テクノロジーが睡眠不足大国を救うか?

サイドFIREに向けて
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ソフトバンクが日本企業に初めて投資しました。

その投資先は、新薬開発をしているいわゆるバイオベンチャー企業

ヘルスケアは注目セクターですが、その投資先企業の動きがありました。

「睡眠×テクノロジー」

ついに睡眠にまでテックの触手が・・・。

ソフトバンクGの日本投資先1号、「睡眠」で米企業と提携検討
ソフトバンク・ビジョン・ファンドの日本初の投資先となったバイオベンチャー企業、アキュリスファーマ(神奈川県藤沢市)はスリープ(睡眠)テックの分野で同ファンドが出資する米国企業との提携を検討している。

ソフトバンクビジョンファンドの「日本初」の投資先、
神奈川県藤沢市の企業「アキュリスファーマ」

アメリカのスリープテック企業と提携を模索しています。

(今のところ、お相手は不明。)

「スリープテック」とは?

睡眠とテクノロジーの掛け合わせ

テクノロジーによって、睡眠状態を「観察・分析・改善」していきます。
「より良い睡眠」をテクノロジーによって支えるわけですね。

アップルウォッチみたいなものを身につけたり、寝具自体がすでにIoT化していたり。

あの手この手で睡眠者をモニターしています。

スリープテックは成長市場としても注目で、現在は1.3〜1.4兆円市場ですが、
2027年には「4.4兆円」市場になると言われています。

特に現在は市場の売上の約半分は「米国」です。

スリープテックに関する日本企業

  • 寝具メーカーの西川
  • エアウィーヴ
  • フランスベッド
  • パラマウントベッド

なぜスリープテックが盛り上がる?

みんな睡眠に満足していない

日本は睡眠負債が多い国です。

それはなんとなくみなさん実感しているのでは。

社会的にも資本主義社会としても損失があり、
日本の睡眠関係による経済損失は、年間約16兆円

実際、日本人成人の20%は、慢性的不眠

睡眠に満足しているか?という問いには、
「満足している」という人は、日本の場合30%に達しなかったという結果もあり。

世界的にもこの手の問いの結果は「50%」がやっと。

みんな睡眠が、足りていない。

睡眠という社会課題の解決

アキュリスファーマは新薬開発をしている企業

創業メンバー、社員には大手製薬企業で医薬品開発・疾患啓発に関わってきたメンバーが多く、

睡眠障害治療薬「ピトリサント」の日本での独占開発・商業化の権利を持っている。

ソフトバンクビジョンファンドは、10月に68億円出資している。

アキュリスファーマも今回の出資は願ったり叶ったり。
ソフトバンクビジョンファンドが投資事業で培ってきたネットワークを使い、
デジタルソリューション、AI領域に踏み込みたいという狙いがある。

睡眠問題は
勉強・仕事のパフォーマンス低下
記憶喪失、うつ病

にも繋がりかねない日本が抱える社会問題であり、

アキュリスファーマ綱場CEOは、
「日本の社会課題解決」の為、50歳で起業を決意し、アキュリスファーマを創業。

今後も医薬品開発に注力。
てんかん、偏頭痛、パーキンソン病などを想定しているとのこと。

有望スリープテック企業

Eight Sleep

マットレス開発・製造

温度調節機能や睡眠計測機を備えたハイテクマットレス「The Pod Pro Mattress」

使用者の体温などをモニターして、ベッドの温度が調節されます!

Smart Cooling Mattress And Digital Sleep Coach | Pod Pro Mattress By Eight Sleep
The #1 smart temperature controlled mattress, designed to help you fall asleep faster and stay asleep. Smart cooling & warming sleep system, sleep and health tr...

米国内でしか販売していないようですが、日本でも販売始めたら普及しそう・・・。

Dodow

睡眠補助を目的とする機器開発をしているフランス企業。

Dodow公式ウェブサイト | より速く眠りに落ちる | 100日間の返金保証
2.5倍速く眠りに戻るか眠りに落ちる。満足しない場合は返金いたします。 より速く眠りに落ちるためのナチュラルな解決法。 送料無料。

80万人を超えるユーザーを抱え、
光の点滅に合わせて呼吸をすると、8分以内に眠りにつく・・・zzz

不眠症を抱える人を主ターゲットにしています。

まとめ

アキュリスファーマはいつ上場するのか?というところも気になりますが、
バイオベンチャー企業として、「スリープテック」市場の成長の恩恵をどこまで享受するのか?
というところも気になります。

基本は新薬開発になると思いますが、睡眠障害にもかなり重きを置いているように感じるので
米国のスリープテック企業と提携となれば、より市場との関わりも深まるでしょうか。

兎にも角にも、SVFが出資ということはいずれ上場となるでしょう。
設立から1年以内で70億円近く集めている時点でかなり期待値はありますが、
企業価値はどこまで上がるか、注目です。

Aculys

コメント

タイトルとURLをコピーしました