ロシアよ、息してるか。

市況を見る
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ロシアへの包囲網がハンパない。殊更、お金関係がやばい。

まず「SWIFT排除」
これは例えると、銀行間のGmail使えない状態らしい。
銀行間でメッセージ送受信に使っていた最もポピュラーなものが止まっている状態。

そしてプーチン氏の個人資産の凍結
こういった個人の資産をロックする行為はなかなか珍しいそう。

リビアのカダフィ大佐、そしてフセイン(イラクだったか)大統領という
名だたる戦争狂に並ぶわけだ。間違いなく戦争歴史に名を刻んだプーチン氏。

そして相次ぐ決済事業の停止だ。
これはもうロシア民を痛烈に傷つけている。

相次ぐ決済事業の停止

まず、ビザ・マスターカードがロシア事業を停止している。

ビザとマスターカード、ロシア業務を停止-対ロ制裁に加わる
米決済処理ネットワークのビザとマスターカードは5日、ロシアでの事業を停止すると発表した。ウクライナに軍事侵攻したロシアの経済を孤立化させる国際社会の取り組みに歩調を合わせる。

ロシア中銀いわく「期限切れまでは使える」らしいが、
当のビザさんが「取引の処理をしない」と言っているので、
もうこれはとてもめんどくさいことになるのでは。
一応使える、でも決済の完了がされないみたいな感じだろうか?

さらにアメックスである。
「アメリカンエキスプレス」というこれも有名どころのカードが使えなくなる。

米アメックス、ロシアとベラルーシで事業を停止
米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)は6日、ロシアとベラルーシで全ての事業を停止すると発表した。

アメックスに関しては、ロシアとベラルーシで停止である。
こちらも加盟店で使えないATMが使えない、さらに国外でも使えないという包囲網。

そしてちゃっかりペイパルも停止している。

自分のこととして想像しよう、クレジットカードが使えない状況を。

現金志向の人はまだいいが、
普段の店舗での買い物・ECでの買い物をカードで済ませていた人は、
それを全て現金払い、もしくは国産決済などに転換しないといけない。
とてもめんどくさい・・・。

日本であればJCBもあるし、Paidyなどの後払いもある。

とはいえいわゆる大手ブランドの決済処理ができないのは、小売業者などは相当痛手だ。
かなりの売上減少、取引の機会損失が見込まれる。

中国にヘルプ

3月9日以降、ビザなどのブランドが使えないとなり、
代替えシステムが必要なロシアは、「中国ブランド」を検討しているようです。

検討対象は「ユニオンペイ
中国系統は正直さっぱり知らんのですが、アリババとかではないのですね。
銀聯(ぎんれん)カードと読むみたいです、漢字だと。

銀聯(ぎんれん)カードとは?使うメリットや日本での作り方を紹介|mycard|三菱UFJニコス
銀聯(ぎんれん)カードは、中国生まれのクレジットカードです。発行枚数は急速に伸び、国際ブランドの一角として、中国を中心に世界各国で利用されています。銀聯カードの特徴や使うメリット、日本での作り方を紹介します。

中国政府、中国人民銀行主導の決済システムということで、
ゴリゴリの中国ネイティブですね。

とはいえ普及にともない提携先が多いということ(180カ国で使えるらしい)で
ロシアとしても渡りに船でしょう。

ロシアの銀行、中国銀聯のカード発行検討 ビザなどの利用停止で
ロシア中央銀行は6日、米ビザやマスターカードの決済システムを利用する国内銀行発行のクレジットカードが3月9日以降、海外で機能しなくなると発表した。一部の国内銀行は代わりに中国の銀聯(ユニオンペイ)の決済システム利用を検討しているという。

ロシア最大の預金量を誇るズベルバンクもユニオンペイの決済システムを使う方針で、
これを機に中国決済システムがロシア国内に一気に浸透するかもですね。

となると、西側諸国やアメリカの事業などはこれ以降、再流入しづらくなるかもしれませんね・・・
中国がロシア国内の決済を牛耳るわけですからね・・・。

決済関連においても、NATO界隈vs中露の分裂が鮮明になるかも。

現在も中国に旅行に行くとなるとユニオンペイのカードがあると便利、
というよりないとほぼ無理ゲーらしいですが、ロシアもそうなるんですかね・・・。

ロシア民はこの厳しい現状をどう捉え、どう生活しているのでしょうか。

戦争は嫌ですし、ロシアに対する印象も確実に悪くなっていますが、
ロシア民を一概に悪くは思えず、心配にも思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました