何もできない無力感

こみやの体験談
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

わたしにはパートナーがいます。

最近はそのパートナーと会えていないとの事を以前の記事でも書きました。

LINEの返信もなかなかこないなか、少し電話もできた時もあり、そこではお互い忙しいし、仕事もなかなかうまく進まず、相手方は精神面で弱いところもあり、気力的に返信するのも難しいとのことなので、「少し距離を置きましょうか」という結論になりました。

こんなときどうするのが正解なのでしょうか。

私は今までの経験上、大概こう言う時はもう愛想尽かされたと思ってしまいます。

それは別れる前段階で、すでに相手方に次のパートナーがいる。そして別れる、という流れを経験しているからです。

しかし、今回はそれでもパートナーが気になって、距離を置くといっても連絡をして、どうにか何かできないか、模索していました。

今までならスパッと切るところを、なんでこんな行動をしたのか。それは私が今までと同じような結果にしたくない、ほんとに気になって心配であり、何か力になりたい。本当に好きなんだなと実感しているからです。

ですが、この記事を書いている現在、悪い方向に向いている、完全に逆効果だったということを痛感しています。

「元気です」「大丈夫です」「今は気力がありません」「ほんとに大丈夫」「今は余裕がない、終わり」

とにかく最低限の文章で返答が帰ってきました。これは完全に怒りを買ってしまいました。対話したい、向き合いたい、力になりたい。そんな思いでいながら、こちらの思いを一方通行で押し通してしまった。そんな風に反省しています。

さぞ、冷められたと思います。愛想尽かされたとも思います。ウザがられたかもしれません。もう回復は不可能かもしれません。このまま自然消滅かもしれません。

どうするのが正解だったのでしょうか。

話し合いをして、距離を置こうと言ったのだから、その通りに少し時間を置くべきだったのでしょうか。1か月ほど会っていない中、これ以上距離を置く。これが我慢できなかった私に非があるとも思います。

それでも連絡をとりたかった。私の思いを押し殺せば良かったのでしょか。対して遠距離でもない状況で1か月会わない、連絡も頻繁に通じない、こんなにツライとは思いませんでした。距離を置きたいと言われた時はほんとにつらかった。

結局、会いたい・話したい・力になりたい。これは全部わたしの個人的な思いの押し付けだったのではないか。つい1か月前までは普通にしていたのに突然起こった連絡の遅さ、合わせて予約していた予定のキャンセル。これに私が我慢できなかっただけ。結局は私のわがまま故。これが結局、今の状況を招いたのではないか。

パートナーとのこういった関係性での問題、付き合い方、コミュニケーション問題。こういったことに、どのように対処すれば良かったのでしょう。

私はかなり底に落ちてしまいました。ここからどのようにしていけばいいのでしょう。もうわかりません。

私の未熟さ、不器用さ、なにもできない無力感。これだけが残ってしまいました。もう何もする気がおきません。ようやくブログに書くことはできましたが、文字起こししても自分の馬鹿加減、不器用さに嫌気がします。

最近こんな記事ばかりですね。すいません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました