リオデジャネイロもビットコイン保有か

解説してるよ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

準備資産にビットコイン

ブラジル・リオ、準備資産の1%をビットコインに配分か=報道
ブラジルの都市リオデジャネイロは、財政における準備資産の1%を、仮想通貨ビットコインに割り当てる計画であることが分かった。税金の優遇措置も検討している。

ブラジルのリオデジャネイロにおける財政準備資産の1%がビットコインになるかもしれません。

現在は市長による計画の発言からしか情報を得られませんが、
リオは観光都市として栄え、現在でも「ブラジル第2の都市」
この計画を機に、暗号資産のハブ(中心地)になりたい意向。

ビットコインでの納税には優遇・税軽減を行うという計画もあるようだが、現在は研究段階。

ブラジルは仮想通貨投資が盛んな国であることは確かで、
昨年2021年1月から8月にかけては、月平均円換算で400億円ほど仮想通貨が購入されている。

着々と普及が進んでいる?

・米国マイクロストラテジー
・ブロック(旧スクエア)
・テスラ

などなど、アメリカを中心とした上場企業では、すでに保有資産に仮想通貨が組み込まれている。

企業ではなく政府機関でも

エルサルバドルでは2021年に多少強引には見えたが、ビットコインが法定通貨になった。

今現在は、トンガでもビットコインを法定通貨にする動きがある。
早ければ年内にも法案通過・施行の可能性がある。

一部の新興国などでは、「不安定な自国通貨」・「決済の不便さ」から仮想通貨に注目が集まる。

しかしブラジルでは”フィンテック企業ヌーバンク”などの躍動もあり、
ブラジル国内決済のデジタル化は進んでおり、
政府関係者からは「ハイリスク・ハイリターンな投資先を探しているのでは?」という意見がある。

南米でより広がるか?

ブラジルのリオデジャネイロという南米の大都市が
「仮想通貨保有」に動くというのはかなり影響があるかと思います。

南米各国は、リオの仮想通貨保有による政治・経済への影響を
貴重な実証実験からのサンプルとして検証・検討できます。

ブラジルは、電力問題もあり「仮想通貨の保有」すなわち「購入」はしていますが、
「マイニング」・「生産」はしていません

今後はマイニングに力を入れる政府・国が、南米から出てくるかもしれません。

いずれにせよ仮想通貨・暗号資産全体にとってはプラス材料です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました