【資産運用】月1のポートフォリオ点検

目指せFIRE
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今年の渋谷はハロウィンどうなっちゃうんでしょうか。
いつものカオス具合を見たいですね。絶対行かないけど。
早いもので2020年も終わりが見えてきましたね。

どーも、こみやです

さて。月末です。
給料が入ってきましたね。
このタイミングで「自分の資産」がどうなっているのか?
点検していきます。

私は長期的な視点で資産運用しているわけですが、
自分の資産状況を点検・チェックすることは大事であると思っています。

「短期的な運用成績なんて気にするな」
これはわかりますが、短期的な目線を持つことは必要かと思います。

こんなことがあると下がる、こんなことがあると上がる。なんてことを知ることもいいですし、
「あれれ?思ってたんと違う・・・」というようなことにも気づけます。
今年は特にイレギュラーですから、こういう時の値動きに慣れておくこともいいと思います。
どんなことであれ、市場に参加しないと経験できません。

長期的な目線の投資家も、ご自身のポートフォリオのリバランスも含めて、市場に目を通す。
そして資産の値動きに慣れる。
これも長期的な資産運用の一つのテクニックだと思います。

そんな思いを持ちつつ、自分のことを点検しています。
それではみていきます。

ポートフォリオ概要

  • 青色:30% 預金
  • 緑色:36% 日本株
  • グレー:23% 外国株
  • 黄色:2% 債券
  • 赤色:4% 暗号資産
  • 紫:5% 金

大まかに分けると上記のようになっています。

預金と日本株で全体の約7割を占めています。
これは、私的にはまだまだ改善の余地があります。

やり方としては、資産のローテーションです。
預金→外国株
預金のお金を、外国株へ流していきます。
外国株は20%くらい増やしたいです。

預金30%というのはだいぶウェイト大きい方です、個人的には。
「下がれ〜。」というふうに、チャートをお祈りで見ていたらこうなりました。
いわゆる押し目買いのためにキャッシュ溜めてたわけです。
下がりませんでしたね。もういいです。
少しずつローテーションします。

預金

  • 青色:37% 地銀普通預金
  • 緑色:10% ネット銀行普通預金
  • グレー:37% ネット銀行普通預金
  • 黄色:3% 外貨預金 米ドル
  • 赤色:9% 外貨預金 豪ドル
  • 紫:2% 外貨預金 南アランド
  • その他:証券口座預り金

私は基本ネット銀行を使うので、そこに預けることが多いです。

しかし相変わらず金利が恐ろしく低いので、外貨に変えます。

今は、米ドル・豪ドル・南アランドの3つです。
外貨は3つともに普通預金ですが、定期預金も使います。
今後は「MMF」も使うと思います。
南アランドに関しては新興国特有の怖さがあるので、今の比率程度で抑えます。
ウェイト増やすと影響大きくなりますので。

日本円預金の部分は、少しずつ外国株に移す予定です。

日本株

少しずつ、保有する日本株増えてます。
なんだかんだ日本株好きです。30銘柄くらいまでは買うかも。

日本株のパフォーマンス悪いことは、散々、あらゆるところで言われていますが、
日本人なので。買いにいきますよね。
「応援したい会社」「長期で持てる会社」「配当がいい会社」「低価格」
というような株を買っています。

バリュー投資なのか、高配当投資なのか、よくわかりませんが
何かと言われると「ボロ株投資」だと思いますw

ちなみに新しく買った銘柄は、

  1. フィンテックグローバル(8789)
  2. アライドアーキテクツ(6081)

フィンテックグローバルの、業種は「その他金融」なんですが、
子会社に(株)ムーミン物語があります。ここはムーミンバレーパークを運営しています。

私はこのテーマパークに何回か足を運んでいます。
少しずつパークを改良中であり、そして自然豊かでいいところです。

そしてムーミンに関する「独占的使用許諾」を持つところも1つのポイント。

アライドアーキテクツは、SNS特化のマーケティング・運用・分析などを行う会社です。
SNSという、今ホットな世界での事業であり、なおかつまだまだ需要が望めます。
さらに中国にも事業を伸ばしました。
中国は今、SNSで販促を行うのが主流になっています。そして圧倒的な人口。
まだまだ成長が見込めます。

外国株

個別株・インデックスファンド・ETFをごちゃ混ぜです。
しかし、米株という戦略は基本です。

27%のウェイトを占めているものは「SPYD」です。
高配当好きからの圧倒的推しETFです。価格はコロナショック後、伸び悩んでいます。

外国株に関しては、ETFが充実しているので、個別株はもういいかなと考えてます。
なので、ETFを買い増します

SPYD・PFFといったETFになります。
たまにARCC(エイリスキャピタル)です。こちらは投資会社ですが、超高配当です。

債券

eMAXISバランスは、つみたてNISAで買っています。
債券だけではないファンドですが、ほぼ債券です。
かなり手堅い動きをするインデックスファンドで、リターンも低めですが、
「精神安定剤」にちょうどいいです。

もう1つは「BNDX」です。
債券ETFですが、新興国債券などが中心です。
新興国1枚噛んでおきたいなぁと考えて、しかし株はリスク高いなぁと考え、債券にしました。

田中貴金属でひたすら毎月積み立てています。
コロナ後の爆上がりがありましたが、
何事もないように積み立てています。

ポートフォリオの安定剤です。

暗号資産

新しいコモディティ商品です。仮想通貨、今では暗号資産

値動きも激しく、
ビットコインは金と値動きが連動する時もある、
一気に50%とか下がる、なんてこともありますが、
一気に価格が倍になることもあります。
何はともあれ、世界のデジタル化、とりわけ決済のデジタル化は確実に進むと思っています。

「持つリスク」ではなく、「持たないリスク」を考慮しての保有です。

まとめ

これからも定期的にチェックします。

今は日本へのウェイトが大きいですが、これから海外に拡げます。

そして、債券・金を持って精神安定を図ります。

暗号資産でスパイスを添えます。

メインディッシュは株です。
主に海外メインで狙っていきます。

長期は配当。短期はストーリー重視。
そういう方針で投資をする予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました