期待しているとか言わないで欲しい

底辺ニート思考
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

仕事をしていると、上司なる者が色々と言ってきます。

「あそこはこうしようか」「あの時はこうだよね」

色々と言われるのですが、はっきり申し上げると「そんなに言われてもキャパオーバーです。」私は自分自身そんな有能ではないです。至って凡人というよりそれより下。だと認識しています。それなのに、何かとあぁだこうだと注意され、「前も言ったよね」「何回も言わないとダメ?」というように話を繰り出され、挙げ句の果てには「こっちも困るのよ」と言われ、そのくせ「こみやさんには期待してるのよ」という後付け。

そういう期待してるなんて言葉思ってもいないのに言わないでほしい。期待なんてかけらも感じません。

「早く仕事覚えろよ、使えねぇな」

この滲み出る言葉が今にも聞こえてきます

「わからなかったら聞いてね」

とかよく言うやついますが、こちらからすれば「わからないが分からない」という状態に近い。しかし、「使えねぇな」と思っている人に聞きにいけますか?行ける人もいるのでしょうが、私はいけない。聞きに行きたくもない。

「自分から学んで。自分から聴きに来て。もっと勉強しな。」

こんなことも言われますが、私は果たしてなにもしていないのか。自分で学んでいるし、わからなかったら聞こうとしている。こんな反論すると「わたしにはそう見えない」と言われるのがオチなので言いませんが、論文も読むし、今までの経験から考えるし、試してもみる。上司に見えるようにやれということなのでしょうか。

もうこうなると、上司の期待している発言は「早く仕事覚えろ、わたしの仕事が増えるから。」というふうにしか聞こえません。できるなら指導もしたくないのでしょう。なぜなら上司はできるから。

彼らは自分が若い時はどうやって仕事ができるようになったのでしょう?同じような環境だったのでしょうか。幸いなことにわたしの上司は「わたしが若い時は・・・」というくだりはありません。これは救いです。ですが「お前の扱いに困ってる」感はすごいです。

わたしもつくづく「社会不適合だな自分は」と思っています。ですが別に諦めているわけではありません。がんばって仕事続けたいですし、仕事できるやつになりたいです。

しかし、わからないことがわからないから聞けないし、学んでも学び方が下手なのか上達した感ないし、実践でもうまくいかないし、馴染めないし。正直もうよくわかりません。

いちおう学生時代から集団スポーツをずっとやっていたので、組織には慣れているつもりでしたが、所詮は学生スポーツでした。社会・会社という組織では意味がありませんでした。

私は組織には向いていないのだと思います。年上の人たちには馴染めないですし、組織の判断を仰ぐ会社裁量には全くもって慣れないですし、組織の一員として仕事が全くできるようになりませんし、会社にいても足を引っ張るだけだと思います。

期待しなくていいから、早く辞めさせてもらおうと思います。

私の代わりなんて、いくらでもいるのだから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました