ニートを脱出するわい

底辺ニート思考
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

長らくニアニートだった私。

ニートとまで行かずとも限りなくニートに近い生活をしていた私。

ようやく方向性が決まり、「職場」を確保。

このご時世、なかなか「ほぼ新卒」の人材をとる企業というところは見つからず、
さらに「早期離職」のタグ持ち人材を取りたいというような企業はさらに稀。

そんな中、今にわかに若者がチャンスを見出せるのは「IT系」

兎にも角にも「人材不足」
即戦力が欲しいとはいえ、そもそも「戦力」を取るにはそれ相応の「給与」が」必要
しかし「未経験」という若者は「低賃金」で取れる
ということで、将来を見据えた早めの人員確保が行われている「IT業界」

未経験OKの求人が増え、なおかつ人員確保のために「時給」も上がり
今、人材市場が盛り上がってきております。

意図せず私もそこに乗っかる形になり、
ようやく乗れた「雇用口」、そう「ITエンジニア」
巷でよく見る例のあれ。”未経験からエンジニアへ”

はっきり言ってそんなうまい話ないだろと思うわけであり、
どうせこの後「激務」「安月給」「退屈」「不満」「ストレス」という
現実が待っているというのが大方の予想なんですが、

それでも「早期離職」という私の最大の懸念点がありながらも、
ようやく働き口が見つかったことに感謝し、まずやってみよう!というのが今思うところ。

そして、「IT業界」という今ホットなところに身を置けるというのも
良い経験になるのではないか?という淡い期待。
もちろん「そこで何をしたのか」が重要になるとはいえ、
ここで何を私が得ることができるのか、乞うご期待。

ゴリゴリの文系かついまだにタイピングが遅い私が果たしてやっていけるのか?

正直不安しかありませんが、もうやるしかありません。
とはいえ「有期雇用」なので、すぐ切られるかもしれませんが・・・。

ニート脱出、まとまった給料、在宅勤務、スキルアップ、勉強、契約、将来不安・・・

これから待ち受ける理不尽な労働社会に「ビクビク」しながらも、
まずは1ヶ月とにかくやってみようという思い。

そして、ニアニート生活よ、グッバイ。
もう疲れたウーバーイーツ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました