30歳で結婚、無理ゲーな件

社会不適合者ガレージ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんは結婚したいですか?

私ですか。

したいです。

そりゃぁもう。

私を好きでいてくれる人ですよね。
応援してくれる人ですよね。
そしてなおかつ、私も好きである人ですよね。
家に帰ると「おかえり」と言ってくれるわけですよね。

そりゃしたいわ。

しかーし。

結婚生活には「負担」すなわち「金銭」問題が・・・

住まいをどうするのか?
生活費をどうするのか?
また結婚に伴う「結婚式・披露宴・衣装・旅行・指輪・・・」

お金がかかりすぎる。

ましてや、結婚となると「30歳までには・・・・」と言う
いわゆる「世間一般の普通の人生観かつ適齢期」が存在する。

25歳あたりから周りの同期が結婚し始め、
結婚式とかに参列するともうそれはなんとも言えない「置いていかれた感」
周囲からのそれとない「圧力感」
親族や友人の「周囲の目」
家に帰った時の「孤独感」が・・・

あれ、結婚しないとまずいかな・・・なんて思わせてくる。

とは言え、25〜30歳ってそんなに余裕あるだろうか。社会人として。主に財布。

後輩はいるけども、仕事は実績・経験含めまだまだこれから。
年上の方が圧倒的に多い。
それこそ、自分でビジネスしてるとかよほどの金融専門職でもない限り、
月30万円稼いでいれば「へぇすごいね」レベルじゃなかろうか?

そのぐらいの給料で結婚?
奨学金返済もあるのに?

いや無理だろう・・・無茶言うなって。

これでマイホームがほしいって?
馬鹿言わないでくれ・・・
え?子供欲しい?
何言うてますの・・・いくらかかるねん。
車?本気かおい。

火の車やんか。家計崩壊や。

結婚それだけなら大したことない。
婚姻届出すだけだし。

しかーし。必ず欲が出る。
あれしたい・これしたい・欲しい・やらなきゃ。
特に嫁さん側の親から要望は絶対来るだろう。
「式はあげなさい」
「結婚ドレスは着る」

婚姻届から始まる、出費の日々が恐ろしい。

たかだか月20〜30万円の収入の人間が何を無理してそこまでせにゃならんのだ。

ローンを組めばいいのか?
いつまでそれ払い続けるんだ。
そのあと絶対、家と車のローン組むだろ。

そのあと子供の教育費用でまたローン組むぞ。

もうローンに対して拒否反応示さなくなる。
そして70〜80歳位まで働いて、ローンを返す日々が続く。

もうそれローンを中心に生活回ってますやん。
それ曲がりなりにも借金ですからね。

あくせく働いて稼いだ金額の何%を借金返済に当てているのか?

もう給料の昇給なんて望み薄のこの世の中で
なぜにそんな率先して借金して、結婚していくのか。
どうしてそんなに無理して生活費のかかる暮らしぶりを夢見るのか。

30歳までに結婚?

いや全く見えてこない。

そんなビジョン、見えてこない。

自分一人でも手一杯の金銭事情で、身内を増やす。そんな選択肢とれない、責任持てない。

そもそもパートナーいない()

コメント

タイトルとURLをコピーしました