【鉄道】JR、ダイヤ改正です。

市況を見る
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

元記事↓
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220312/k10013527241000.html

通勤でお世話になっています、JRが3月12日にダイヤ改正しました。

「最大規模の減便」で平日・休日ともに減らしていて、
JR東日本は新幹線〜普通列車まで「239本」減便
JR西日本も「213本」減便です。

「なんでやねん!」って感じですが、鉄道業界はコロナの影響
特に「働き方の変化」による影響が顕著です。

その影響がよくわかるのが、記事にある通り「定期券収入の減少」のようです。

経営の効率化を進める鉄道業界

JRはその名の通り「旅客鉄道」であり、「運輸事業」がメイン。

JR東日本で言えば、年間3兆円の売上の内60%以上が「運輸事業」です。

その事業の大事な収入源が「定期券」
その定期券販売がコロナ以前と比べ、「約30%」減っています。

JRは働き方の変革などを加味して、
例えコロナが終息しても「コロナ前に100%戻らない」という考えで、
ダイヤ改正をはじめとして「経営の効率化」をしています。

収益源の多角化

「ワンマン運転」「無人駅」などが記事で書かれていますがそれ以外にも、

・新幹線車内でのweb会議を可能にする車両の導入

・駅でのビジネスカレッジ設立

・沿線沿いの開発

など、「定期券収入に頼らないビジネスモデル」を確立しようとしています。

直近ではグリーン券の料金見直しもあります。

変革期にきた鉄道業界

西武鉄道・プリンスホテル・西武園ゆうえんちなどを運営している
西武ホールディングスも、
自社で保有していたホテルを大量売却するなど、
コロナの影響から立ち直ろうと、鉄道業界全体が「変革期」に入っています。

西武HD、ホテルなど31施設を売却 シンガポール政府系ファンドへ - TRAICY(トライシー)
西武ホールディングスは、プリンスホテルが保有しているホテル・レジャー施設31施設を、シンガポール政府系投資ファンドのGICに売却する。基本協定書を締結した。

鉄道は飛行機に比べてCO2排出が少なく、運輸手段として
「環境にやさしい」事業という評価もあります。

本数が減ったり料金が上がったりで
短期的に考えると、利用者としても痛手ですが、

「なんか頑張ってんだな、JR」

という感じで見守りましょう笑

JR東日本の企業サイト↓

企業サイト:JR東日本
JR東日本の企業サイトです。企業情報、IR情報、Sustainabilityの情報をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました