そこに投資のゴールはあるんか?

投資をしよう
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

参考良記事↓

第14回 積立投資のゴールって? | 東証マネ部!
Q 積立投資のゴールって? A セカンドライフの生活資金から...

「投資しよう!」

「今年こそは!」

といって情報収集をすると

「まずは投資の目的、目標、ゴールを決めましょう」

こういうお触れで、投資について解説をする記事や動画が、まぁよく見ます。

そして、「それでは次に、、、」となります。

いやそこ!そこを解説せい!ってなります。

てことで、ここを掘ります。

「第2の人生資金というゴール設定」

投資をするとなると

・いつまで投資をやるのか?

・お金をいくら投資に回すのか?

を考えるわけです。

これを考える上で必要なのは「ゴール設定」です。

記事に例で出されているのは「セカンドライフの生活資金」を軸にゴールを考えること。

つまるところ、「仕事退職した後の資金」ですね。

「老後資金」なんてよく言われますね。

例では、自身が100歳まで生きるとして、

65歳での定年退職後、「35年間の人生資金」を準備しようとしています。

計算式

現役年収400万円/1年×(現役時の収入の70%の生活水準-年金カバー率50%)

=80万円/年を準備する

×35年分(退職から死ぬまで)

2800万円が総額。

という計算方法です。

2800万円を老後のために用意する・・・。

「いや準備する額が多い!」と思うわけですが、何も全てを「現金」で準備するわけではありません。

投資収益で到達すればいいじゃない

要は、年間80万円「自分の運用資金」から生活費として捻出できればいいわけですから、

それが「配当」とか「投資収益」でもいいわけです。

仮に投資収益率が「4%」だと、

「2000万円」の投資元本で「年間80万円」収益として捻出できます。

であれば、”2000万円を65歳までに”準備できればOKです。

さらにその2000万円も何も現金で用意する必要はありません。

銀行口座に2000万円ある状態である必要もありません。

「この2000万円も投資で準備しよう」とするのが、資産運用です。

現時点年齢から65歳までに、運用資産が2000万円に到達すればよいわけで。

【現在25歳の場合の計算式】

・月2万円 年間24万円 資産運用に回す

年率4%の平均収益で仮計算

・65歳まで(40年間)運用

元本=960万円

想定到達 運用総額=2200万円

目標額到達ですな

あくまで計算ですがこれが「複利」、投資というパワーです。

というように、ゴール設定から

・投資する期間

・投資金額

も考えられます。ざっくりですが。

Betterな目標でいい

ゴール設定は「自分なり」にやる方が良いです。

先ほどの計算式もかなり雑です。

若い頃年収400万円の方が65歳以降、本当に年収280万円の生活水準に適応できるのかどうか?

ここが不明です。

年金カバー率50%も怪しいです。

本当に200万円分、年金がしっかり支給されるのか?

ここが若い方はだいぶ先の話になるので、現時点で安易に予想するのはリスキーです。
むしろ年金を想定に入れないという方法の方がいいかも、です。

そして退職年齢です。

65歳で本当に退職するのかどうか。

70〜80歳頃まで現役かもしれませんし、定年という概念がなくなるかもしれません。
病気等で、もっと引退年齢が早くなるかもしれません。

結局、これという正解はありません。

あくまで現時点で考えられるbetterなゴール設定でいい思います。

そしてそれを定期的に見直しすればいいと思います。

転職やら結婚やら何やらで、そもそもの生活環境が変わると
また違う視点や資金用途も出てくると思いますし。

ぜひ、考えてみて!

「老後資金をざっくり計算する式」

現役年収〇〇万円/年 × (現役時の収入の〇〇%の生活水準 ー 年金カバー率〇〇%)

=〇〇万円/年を準備する・・・①

①×〇〇年分(退職から死ぬまで)

=〇〇万円(用意する総額分)・・・②

①を捻出する元本いくら?

2000万円であれば✖️0.04で80万円になります。

0.04は「年率4%の利回り」を表しています。

ここがわかれば、今から目標とすべき「到達金額」がざっくり解ります。

こちらを使って計算してみよう↓

年金終価係数
年金終価係数を計算し、指定利率での表を作成します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました