HOPEDay by NewsPicks

我が経験
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

12月22日、日曜日。NewsPicksのイベント「HOPEDay」に参加しました。
学生限定イベントということで、とんでもないエネルギーを持つ若者が集まっておりました。

この記事では、「HOPEDay」で行われた全ての企画の紹介は行いませんが、
私自身が参加した企画の感想などを綴っていきます。

一番楽しんだ人が、一番の成果を得る!

自分自身の「HOPE」を見つける。そんなイベント。
日本各地から学生が集まりました。
そんな「HOPEDay」のルールは3つ。

  1. 今日だけは勇気を出そう!
  2. どんどん繋がろう。どんどんアウトプットしよう。
  3. みんなが味方。全員でコミュニケーションしよう。

何だか、このイベント内だけのルールにするのはもったいないルールですな。

オープニングセッション

まず始まったのは、オープニングセッション

MCは「あまり」さん「WoWキツネザル」という名前でも活動しているらしく、
「エンターテイメントで地球を救う。」と言っておりました。MCのキャラが濃い。

声はめっちゃ良い。

自分の意志で希望を創るのに必要なこと。

このセッションのパネラー

  • 休日課長 ゲスの極み乙女。ベーシスト
  • 北野唯我 著述家・ワンキャリア最高戦略責任者
  • 大澤陽樹 オープンワーク株式会社 取締役副社長

距離近いっていうのもこのイベントの良いところ。

印象に残った言葉

①人生で後悔することは「好きなのに、好きと言わなかったこと」
②孤独になる期間が必要
③この人となら沈んでもいいっていう人とやる。
④”何となく”を何となくで終わりにしない。
⑤絶望に慣れる。
⑥「嫌い」を省いて、「好き」と向き合う。

このセッションでは、「決断に必要なこと」・「きっかけ」がキーワードでした。


経営者とミュージシャンという組み合わせでしたが、休日課長さんも元は会社員。
当時の就活のエピソードや、自己分析の話もしてくれました。
「カレーが好き」ということを突き詰めたそうです。
好きなものならとことん突き詰めて考えることができる。というのはすごくわかります。

また「好きを好きと言えない」というのは、確かに後悔する・悲しいよな・・・と。

このセッションでは、
「自己分析」「自己肯定」という、自分自身と向き合う自分を否定しない
という、メッセージがあったかなと思います。

セッション1

オープニングセッションの次はそのままセッション1へ。
テーマは・・・

HOPE世代の起業論 ビジネスと希望の距離

このセッションのパネラー

  • 小川嶺 タイミーCEO
  • 酒向萌実 GoodMorning CEO
  • 廣澤太紀 THE SEED General Partner
  • 永田暁彦 ユーグレナ副社長・リアルテックファンド代表

このセッションでは、
「何となく怖い起業の不安を払拭しよう!」でしたが、
最初の「起業考えてる人、手挙げて〜?」の質問でめっちゃ手あがってびっくり。
NewsPicks恐ろしや〜。

応援される人・応援する人

印象に残った言葉はたくさんありました。

  • Why you?(あなたはなぜ、それをやるのか?)
  • ほんとうに事業は当たらない。
  • 社会のバグ
  • 優秀な人が起業するわけじゃない。
  • 覚悟がいる
  • ニコニコしてる人になった。
  • バットを振らないというリスク
  • お金目的は絶対うまくいかない。

その中で一番残っているのは、

廣澤さん・「頑張れって言える人。」
酒向さん・「できないことをできないっていう人。」

起業する人が少ないと言われる日本では、
起業家が少ないだけでなく、「起業家を支援する人」も足りない現状です。
そんな現状を変えるには、
起業をするんだ!という人に対して、「意識高いね(笑)」「無理だよ。」ではなく、
素直に「頑張れ!」と言える人が必要だなと。

そして起業家はVC(ベンチャーキャピタル)から資金提供してもらう側。
応援されなければいけないし、「応援したい!」と思わせなければいけない。
そんな時に「できない」を言えるか。弱みを見せて、助けを呼べるか。

キンコンの西野さんも同じこと言ってたような・・・。
(負けなければいけない。N字曲線だったかな。)

弱みを見せる。これ実際やるの難しいよね
でも、自分のできないこと・足りないことができる人が隣にいて欲しいよね。

Work Shop

この時点で時刻は16時。
Work Shopと同時にセッション2「ミッションから探るHOPEな企業とは」が開催していますが、
私はWork Shopへ。
なのでそこで行ったことの感想を。

大企業アルムナイとのセッション

一度は大企業に就職、その後キャリアチェンジした社会人の先輩。=大企業アルムナイ
との対話を通じたセッション。

私は、古屋星斗(ふるや しょうと)さんとセッションをさせていただきました。

  • 古屋星斗 リクルートワークス研究所研究員・一般社団法人スクールトゥワーク代表理事

愛が無いとAIに勝てない

話し合いの主題としては、「キャリア形成」になると思います。
古屋さんのキャリアの歩みを聞いたあと、
では大事になるのはどんなことか?をディスカッションしていきましたが、
主に以下のようなことが出たかな。

  • かっこよさ・理想を追求する。
  • 検索した知識に価値が無い。
  • 自分の体験・経験が貴重。
  • スモールステップが大切。
  • 好きなことを全力で!
  • ファクトに基づく直感で「好き」を探す。

とにかく「スモールステップの積み重ね」によって
キャリアを形成するというのが、中核だったと思います。

スモールステップは、「小さな一歩」

  • 誰かに自分の意見を言う
  • イベントに参加する
  • Twitterで呟く

など、ちょっとしたこと。
この小さな一歩で成功を積み重ねて行こう!ということですね。

「好き」を探す上で、大事にしていることは?
という質問に対して、
「ファクト(事実)を基にしつつ、直感で選ぶ。」と答えていて、
論理と直感の共存・バランスがここでも言われてるのかぁ、、、と妙に納得。

古屋さんの、様々な業務をこなした職歴もすごかったですが、
「好きなことを全力でやろうぜ!」という一番のメッセージが伝わってきました。

セッション3

これが「HOPEDay」最後のセッションです。ここで17:30。
私はセッションが行われている「HOPE STAGE」の外で声だけ聞いていました。
「HOPE SCRAMBLE」という自由スペースがあったので。(疲れてただけ)

このセッションのパネラー

  • KEN THE 390 ヒップホップMC
  • 永田暁彦 
  • 村田あつみ ラブグラフCCO
  • 寺口浩大 ワンキャリア 経営企画室PR Director

HOPE Picker’s セッション

ブースの外で、ながら聞きをしながら印象に残っているのは、

  • ロールモデルはいらない
  • 失敗の感性は鈍感にしよう
  • 人に興味ある人は、人生の脇役
  • 自分が幸せにならなきゃ、他人を幸せにできない

「ロールモデルっていう言葉が嫌いで・・・」という意見が聞こえて、すごい同感しました。
何で人が既に歩んでる道を、歩まなあかんねん。という漠然とした考えがあったので、
とてもスッキリ。
ロールモデルが通用しない時代になっている、ということですね。

「失敗の感性を鈍感に」「人に興味ある人は人生の脇役」という寺口さんの話は、
他のHOPE参加者もかなり響いているようで、
他人の目を気にしてもしょうがない、やればいいじゃん。
というように、背中を押してもらえた感覚だと思います。

最後のセッションは思わず涙する参加者がいるなど、かなり熱い締め括りとなりました。

自分自身を見直すきっかけに。

今回のイベントで、「もっと自分自身について考えていいな」と思いました。

イベント開始時にもらった冊子に、
なりたい自分は? なりたくない自分は? 大切にしたいことは?など、
考えて書く欄があります。

こういったことを考えて、自分の軸を形作ろうと思いました。

参加者みんなが自分の「HOPE」を持ち、
そして「HOPE」を広げられたら最高ですね。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました