試験が近い?まだ間に合う!FP2級に合格した方法

解説してみた
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

あんまりこういうノウハウ公表とかは好きではありません。

なぜって?
ノウハウって人によると思うんです。合う合わないがあるって話です。
それでもノウハウを人は求めます。

なんででしょう?

それは、そりゃ誰だって「近道」したいからです。
できるだけ、最短かつ効率的にそして効果がある・結果が出るやり方をしたいものです。

ということで、偏差値40の私でも結果が出たFP2級の勉強の仕方、載せます。

前置きが長かったですが、
詰まるところ「ノウハウ公開!やり方はこれだ!」みたいなやつやってみたかっただけです。

でも、念を押しますが、これはあくまで「私はこうした。」というお話です。

参考程度に聞いてくれ。

焦りから全ては始まる

FP2級に合格したい。
そう思ったのも束の間、試験が近いという現実を知る。

私が試験日を確認したのは11月某日

試験日は1月24日。

わい
わい

え、やば。時間ない・・・

こうなるわけです。

というのも、試験日チェックしたのは11月30日深夜

そうつまり12月1日!

A
A

いやぁ〜、今年もあと1ヶ月で終わりだね〜

なんていう時期です。

試験まで、あと2ヶ月切っとるやんけ。という話

追い込まれると人は頑張るものです()

呑気に参考書とか言ってられない

FPは広く浅く知識が問われます。

保険もあれば、金融知識もある、かと思えば不動産、さらには相続、社会保険、そして税金まで。

とにかく範囲が広い。

いろんなことを知らなきゃ!となりますが、時間がない時はそんなこと言ってられません。
そんなことしていると、試験対策に費やせません。

試験においては、試験で問題を正解にすること。
いかに早く正解に導くか、瞬発力・正当力が必要です。

なので、時間がない場合「問題にとにかくぶつかる」ことが必要です。

机上で知識を増やし、エリート街道を進む「官僚」ではダメなのです。
現場で経験から研鑽を積む「叩き上げ」になる必要があります。

o
o

事件は会議室で起きてるんじゃない。
現場で起きてるんだ!

当たって砕けろ

https://fp2-siken.com/kakomon.php

FP試験には「学科試験」と「実技試験」があります。

対して違いはありませんが、学科試験はとにかく選択式
一方実技試験は、多少計算や読み解きが必要です。

コンセンサスとして、実技の方が合格率が高いです。

なので人によっては
FP試験の特性(部分合格:どちらか片方合格ならそれは認められる)を生かして、
実技だけ合格しておいて、翌年学科試験のみ受験する。ということをします。

しかし、こんなのはもったいない。受験料がもったいない。

1発合格すべきです。私ができた。ならできます。

学科試験は上記の「過去問道場」をおすすめします。

学科は選択式です。かつ、計算というより知識問題なので、
マルバツ判定でとにかく問題数をこなすことが可能です。

このサイトは名前の通り、過去問から問題がバンバン出題されます。
さらに統計を取ってくれるので、問題数をこなせばこなすほど「知識の偏り」をチェックできます。

こんな感じに、「タックスプランニングがダメダメだな」とか
「ライフプランニングをもう少し頑張ろう」とか
「金融資産運用は大丈夫だな」とか

問題を解いて慣れつつ、現状を確認・課題を把握していきます。

とにかく解きまくることが大事。

最初は撃沈で大丈夫。

問題に慣れる、そして徐々に覚える。
やっていくと、「あれこの問題みたな、知っているな」が増えていきます。

それでいいんです。

過去問道場は、出題範囲を指定できます。

歴代の1月試験のみ選択したり、「リスク管理分野」だけ選択したりできます。
苦手分野を確認して、徹底的に反復練習もできます。

FP試験は「似たり寄ったり」の問題が多いです、毎年です。
そういう傾向の試験なのです。
毎年問題が似ている、出題される分野が偏っているわけです。

そのため「問題に向き合った時間・経験」がものをいいます。

主要問題を確実に

実技試験も同様です。

しかし計算だったりが絡むので、ここは問題集です。

「みんなが欲しかった!FPの問題集」このシリーズ1冊で十分です。

これを解きまくります。

出題頻度の高い、かつ試験合格において重要な問題が載っているので
この本の問題に向き合いましょう。

過去問道場の方で解いても問題はないかと思います。

ですが、私はあまりやらなかったです。

実技試験の問題では実際に計算したり、問題を読み解いたりしなければ行けないので、
実際紙に書いたりしたいんです。

過去問道場はスマホで手軽にできる勉強ですが、
実技試験は泥臭くアナログでやる方が私は向いていました。

ちなみに「みんなが欲しかった」シリーズは「FPの教科書」もあるのですが、私は使っていません。
わからなかったことなどは、スマホで検索すればたいてい出てきます。

実技試験対策は1日1問でもいいので、問題に向き合いましょう。

その考え、向き合い、対峙した思考体力が、本番で「諦めない」回答力につながります。

情報収集も忘れずに

法令の改正などもチェックしておきましょう。

試験タイミングによっては、改正後の法令が適用、
もしくは試験適用は改正前の法令というパターンがあります。

情報収集は、ネットで検索でもいいですが、
過去問道場の掲示板はお役立ちツールです。

FP2級掲示板 スレッド一覧(650件中1~20件目)

FP試験に関わることに関しては、色々と疑問やお悩み、回答がなされています。
試験問題・対策に関することも色々と書かれているので、みておいて損はないです。

やればできる

長々書きましたが、やったことはシンプル。

  • 学科試験対策は「過去問道場」で。回数をこなす。
  • 実技試験対策は「みんなが欲しかった!」シリーズの問題集を解く。

これだけ。

試験が近いのであれば、なおさらやることはシンプルに。
集中的に、問題に向き合いましょう。

仕上げに、タイマーで時間制限の中、過去問に取り組むことも1〜2回はやっておきましょう。

試験本番で「時間ぎれ」にならないように。

やればできます。

決して難関試験ではありません。6割取れば勝ちです。

がんばりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました