私の”コロナ陰性”体験記

主の実体験
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

夏、某日。

私は濃厚接触者でした。

職場の対応が柔軟だったのでしょうか。
すぐリモート勤務になり、その日も在宅で”お仕事”していました。いやしてたよ、ほんとに。

ふと、なんかきついかんじが。

よくあります。特に在宅の時は。
なぜか集中できない、スマホとPCの行き来、ボケーっとする、もはやネトフリなどなど。

そんなことは日常。

しかしそういうのではない、なにか。なぜかきつい。違う、今日これなんか違うぞ、と。

そこからあまり覚えていない。

ちょいと横になろうと思って、結局30分くらい横になり、「あ、これダメだ」と思って、
早退連絡したり。。。みたいな記憶はあるが。

その日は結局ものの2時間も仕事せずに早退。

本番はこれからとも知らず。

ランチも食べずにベッドに横になった某日

最初は「ああ、だるい」くらい。熱も36.6°くらいだったはず。

しかしそこから一向に寝付けない。
なんだったら徐々に足とか節々がいやなかんじになってくる。
(あの痛みというか張りというか体調悪い時に感じる節々の感覚)

おそらく早退してものの1〜2時間。体温はあっという間に38.0°台。

あー、これ詰んだー。となりました。

どちらかというとこの時、体感は寒い感じだったので(とはいえ外は真夏日なので)、
エアコン高めで毛布つかって寝ようとしています。

しかし、とにかく体がつらくて寝付けない。

結局この日、39.6°まで上がりました。

ひとまず受診することにして、病院を探しますが。いまないんですよね。電話も繋がらないし。

ネット申し込みを前提にして、人づてに聞いた検査すぐできる病院をネット申し込みして、
親を頼って翌日に検査へ行くことに。

2日目の朝

相変わらずの38.0°台の熱。
寝付けないので、2時間おきにベットから起きて、水分とってみたいなことやってました。

しかし思いの外、体は動くんですよ。なので、なんともない感じで病院へ。

プレハブみたいなところで、真夏日の下、
ちょっと待たされてお鼻ぐりぐり検査を受けて帰宅しました。抗原とPCR検査両方やってくれました。

さてその後は、もう体がきついことになってたので、冷感枕に氷詰め詰め、足をマッサージしまくりでひたすらベッド。

この晩、いったん熱下がって元気になりました。熱もほぼ平熱あたりまで下がりました。軽くシャワーも浴びました。

しかし、夜中に39.0°になりました。

3日目、のどにくる。

体のつらさはなくなりました。抗原検査も陰性とのこと。

しかし、のどに違和感が、、、

この日の昼には水呑むのもつらいし、喉仏動かすと痛いかんじに。

3日目にして食事がほとんどできない。
熱はかなり引いてきていて(37°台)、お腹はめっちゃ空いてます。

声もほとんど出せないので、ぱっと見はかなり体調悪い感じに。

3日目、4日目はのど痛いだけです。
とはいえ、水分とれない、食事できない、声出ない状況なのでつらいです。

おそらく1番きつい期間でした。熱引いてきて、意識もしっかりしていた分、余計に。

5.6日目

熱も引き、のども治りかけ、食事もしっかり。
1日の間、ほとんど起きていて、動画も見ていられるくらいになりました。

しかし、今度は鼻水状態です。
すごい鼻が詰まり、鼻を定期的にかむ。せっかく治った喉がまたやられそう。

鼻が調子悪いので、風邪引いている感覚です。

そして3〜4日間ほとんど寝ていたので、とにかく体力が落ちてます。

ちょいとるんるんで動画見ようものなら、めっちゃ疲れますし、
起きてなんかやると疲れるし、結局横になることに。

横になっても鼻詰まってるし、という。

ここまでやっていて、PCRも陰性です。(2日位は結果待ちだった)

どういうことなんですかね。検査精度どういうことに。

なんかきっつい風邪ですか、と勝手に納得することにしましたが。
もう少し後に検査したら違う結果になった?もうそれは検査としてどうなの。

私の場合、3回目のワクチンうってませんでしたので、症状色々出たのかななんて思ってますが、
陰性言われちゃったので。。。真相は分からん。

なんだったんでしょう。

未だにお鼻は詰まってるんですがね。

お気をつけて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました