コロナ世代と言われるのか

解説ほいほい
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

2020年新卒として社会人になり、4ヶ月ほどが経ちました。

4月の入社初日からテレワークになり、
テレワークでの研修、入社式もなし。
テレワークが終わると特にトレーニングもなく、いきなり現場へ。

例年とは違う取り組みになり、
例年の新卒とは違う進み方。

その上、新人研修が満足にできない、慣れないテレワーク、コロナ対応をしつつの業務。

そんな中、「今年の新卒は出来が悪い」と言われる始末。

ただでさえ、「社会人」になり1年目。
新しい生活リズム、新しい職場、新しい人間関係、新しい業務。
そこに世界が新しく取り組む「新生活」・・・

なんという激動の1年目なのか

社会人としての新生活に慣れつつ、
「新しい生活様式」にも慣れろと・・・

今年の新卒は、この状況下で入社しているので
新しい生活様式に対応した、新しい仕事の仕方にすぐ慣れることができる。
みたいなことを何かの記事で見ましたが。

んなことはない。

私個人としては、
4月からの2ヶ月間はテレワークという名の簡素な新人研修。
特に実務を何もしていない。
次の1ヶ月はいきなり現場。
仕事を覚えるばかりで特に何もできず。
さらにクラスターが発生し、会社の対応のずさんさに嫌気して退社。
そして1ヶ月の転職活動。
そして今月(8月)新しい会社へ。

ほとんど仕事ができていない。
かなり、時間をロスしている気分。
本当にコロナに翻弄されている。

あと、半年もすれば次の新卒が入ってきます。

次年度の新卒もかなり翻弄された世代だろう。

とはいえ、何か心配。
足りない感。実力不足・実務経験不足を実感している。

例年通りにいかない。
しかし、未知の感染症であり、これから進む道も未知。
みんな手探り。
だから、「コロナ世代」というのに特に意味はない。

たまたまその年に社会人になっただけ。

不運であり、笑い話であり、酒のつまみであり、これも運命。

テレワークはこれから普及するんだろうし、
営業の仕方が変わるんだろうし、
都内集中が変わるのかもしれないし。

でもコロナ世代はどうこうとか、
あの時に入社したのにとか、
ましてや私たちの世代は、「Z世代」なんて括りされて。

本当いや。

一緒にしないでほしいし、
そんな一括りで見て欲しくないし、
その世代になりたくてなったわけじゃない。

世代で横並びに見られたくない。

コロナ世代なのかもしれないが、
Z世代なのかもしれないが、

まだまだ相変わらず私はあまちゃんだし、
実力も何もない。
世代の一括り評価にすら到達していないかもしれないし、
かといって何か特記するものもない。

だから私は相変わらず、
毎日やれるだけ動いてみるしかない。

もう新生活はとっくに4月から始まっているのだから。

2020年前半戦をかなり無駄に、ロスしてしまったと思っているから。
ここから巻き返すしかない。
みんな何かしら、多かれ少なかれ影響は受けているだろうし。
環境のせいにするのは簡単だ。
でもコロナのせい、会社のせいにするのはここまでにしよう。

ここからはそれすらも利用して、
ストーリーのよくあるちょっとしたダンジョンだったと思うようにしよう。

ここを抜ければ、
また違う世界が広がってるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました