コンビニバイトはきつい?働いてみて学んだこと

こみやの体験談
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんコンビニよく使いますよね?

私も良く使うのですが、お客さんとしてだけでなく、私はコンビニバイト経験があります。
(あの7時から11時までやってるところですね。)

今回は店員側の視点に立って、ちょっとコンビニについて語っていきます。
コンビニバイトこれからデビューする方いますかね?

参考までに拝見ください。

コンビニでバイトなんかするかい!って方も、
あぁ、こんな感じなんかぁ。ってワイドショー見る感じでみていってください。

(ものすごい個人的意見を含みます)

コンビニバイトはきついの?

結論・・・人による。

これしか言えないですね。業務に関して言えば、どこのコンビニも大体やること一緒ですから。
だってコンビニだもん。(ミ○ストップはちょっと違う。あの、独自のスイーツあるから。)

まず、給料のことを考えて、コンビニバイトで稼ぎたいのであれば、
駅近にいく、都内にいく、深夜にいくなど、条件を絞る必要があります。

次に、その店舗の立地
駅前なのか、住宅街なのか、オフィス街なのか、ベッドタウンなのか、などなど。
忙しさ、混む時間帯、客層などが変わります。

つまり、「働く店によってきついかどうか異なる。」ということ。

全然人来ない店は「人が来ない」という地獄を味わいます。
めっちゃ混むお店は、「シンプルに忙しい」というキツさを味わいます。

では、店がどうこうというのはいったん置いておいて、
コンビニバイトの業務を何個か挙げてみましょう。

  • レジ打ち
  • 袋詰め
  • レジ回り補充
  • フライヤー類補充
  • おでん補充
  • コーヒー清掃
  • ドリンク補充
  • トイレ清掃
  • 店内清掃
  • イートイン清掃
  • ゴミ出し
  • 店内商品補充(多すぎるので全部込みで)
  • 納品商品検品
  • 納品発注

主だったのを挙げるとこんな感じでしょうか。

バイトを始めた頃はこの業務の多さにちょっとパニック。
ですがこれがコンビニの日常なので、慣れるしかありません。
始めたての頃は、指導してくれる先輩店員がついていてくれますが、
お店は営業中。お客さんはランダムに出現。忙しくなったら先輩も駆り出され、
何がなんだかわからない間に、置いてきぼり。なんてことも笑

しかし、いきなり全部覚える必要はありません。
大抵レジ要員か、品出し要員に振り分けられます。
まずレジできるようになって!って言われるか、品出し覚えて!ってなるか。

慣れてくると、レジでお客さん捌いて〜空いてきたらレジ回り補充して〜またレジやって〜あ、お菓子出さなきゃ!みたいにぐるぐる仕事するようになります。

そりゃ最初はきつい、だってやること多いもん。

焦る必要はありません。できないことは、できるやつに任せましょ。
覚えたことから、やればいいんです。だって新人だから。

ひとつ!大事なことを。接客業なので、「元気」「笑顔」で。

これあれば、多少仕事できなくても、なんとかなります。

いちばんの敵はお客さん

コンビニバイトをしていて、最も難敵となるのがお客さんです。

どういうことか。「ストレスを与えてくる」

こういうことです。何回「マジ殴り」しそうになったかわかりません。
いくつか、イライラポイント高めな方々をご紹介します。

コンビニバイトを検討中な方、心に留めておきましょう。

コンビニをよく利用される方、当てはまっていないことを祈ります。

イライラポイント高めな方々一覧

  1. キャッシュ信者・・・常に現金。追い討ちをかけるように札をご利用。paypay?何それ。
  2. 財布迷子・・・レジに来てから財布を探し出す。強者=「車に忘れた」
  3. トイレisマイハウス・・・ずっとトイレにいるお方。暮らしぶりは謎に包まれている。
  4. 長話はイートインで・・・徹○の部屋と間違えてます?
  5. 沈黙を貫く者・・・何も言わない、語らない。まさか、呪言の使い手・・・?!
  6. 遮る者・・・レジ前で立ち往生。会計は終わりましたよ!旦那ぁぁぁぁぁ!
  7. 待ち人・・・黙って右手を差し出し、お釣りを待つ。何、トイレ行きたいの?
  8. 放任主義・・・子供がめちゃくちゃうるさい。何も言わない親・・・。why?

コンビニで働く以上、このような個性の強いキャラクターを相手にしなければなりません。
対人戦が苦手な方は、ぜひ別のジョブを検討しましょう。

コンビニバイトで学んだこと

別にコンビニは悪いと思いません。品数は多いし、いつでもやってるし、どこにでもある。
こんなに便利なのはありがたい。

ただ、便利は成り立つだけの苦労があるんだと、身にしみてわかりました。

これから、レジに店員は立たなくなるでしょう。発注もAIがやるかもしれません。

しかし、AIは店内にお菓子を並べません。コーヒーマシンを洗いません。
人手の貴重さがわかります。

御老人はコンビニに来て、店員と話すことをひとつの楽しみにされている方もいます。
人との関わりをこんなところでも感じることができます。

いろんなお客さんがいます。
仕事帰りの方、これから出勤の方、学生、子連れのお母さん、
御老人、聴覚障害の方、話せない方、就労ビザで来た外人。

いろんな人のちょっとした日常を見れます。

面白さは、仕事中にいくらでも見つけられますよ

ではこの辺で

ばい(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました