【読書記録】一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

読書記録
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

「習慣を変えよう!」

これがこの本のメッセージ。

第1章〜第7章まで様々な習慣について書いてありますが、
全部紹介するのは量が多いので、いくつか抜粋して紹介しようと思います。

第1章 一流と二流を分ける朝の習慣

朝4時に起きる。
しかし、「やることがなければ早起きできないのは当たり前」
なのでやることではなく、「やる理由」を作る。

そして自己管理をすべきところは「やりたくないけど成果が出る」部分。

  • なぜやるのか?
  • 何をしたいのか?
  • 実現できるか?
  • どうやったらいいか?

という考え方をする。

第2章 仕事が最速で動く昼の習慣

自分のためのスケジュールを空ける。

やらないことを決める。

忘れる努力をする。

5秒で決める。

サボる時はサボる。

「成果を出すためのやる・やらないを線引きすること」

第3章 人脈と可能性を拡げる夜の習慣

相手の役に立とう。

仕事・プライベートの線引きは不要。

寝不足はしないこと。

「長期的な視点での成功を考える」

第4章 脳と体のキレを上げる毎日の習慣

2つの基準で考える。

第5章 成長を加速させる毎週・毎月の習慣

【最も高利回りであり、低リスクの投資対象は自分自身

  • 本を買う
  • 一流のお店に行ってみる
  • 成功してる先輩に会う
  • 少し貯蓄
  • etc…

【本を1000冊読んでみる】

本を読むこと自体が希少価値の時代。
日本の正社員が3300万人。
ビジネス書は10万冊売れればベストセラー。

つまり割合で言えば1%未満。

いいとこ取りしよう。

第6章 視座を高める毎年の習慣

【相手との関係を長期的に考え、自分の評価を上げる】

比較される同僚は、短期的にはライバル、長期的には仲間。

目先の利益を優先して同僚を蹴落とすと、
短期的には良くても、自分の悪評が広がる恐れがある。

一時の感情に身を任せないように。

第7章 志を貫く一生の習慣

【リスクは先行するもの】
普通の人が踏み込まない領域こそ価値がある。

まとめ

この本を読んでいて思ったのは、
投資の考えかたが非常に参考になるな、ということ。

長期的な視点で利益を得ることを目標に、先行的に投資をすること。

短期的な利益をとりに行かないという教訓を再確認しました。

本の内容としては、なんだか読んだことある内容でしたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました