ほうれんそう苦手な私

こみやの体験談
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

報・連・相ってあるじゃないですか

あれ、すごく難しいと思いませんか

私はとても難しいと感じます

現実、これに苦戦中

報告をする。これってどこからどこまで報告するものなのでしょうか。こんなことがありました、的な?一々?

連絡をする。これも口頭で、文面で、電話で。連絡手段が多すぎて、めんどくさい。尚且つ人によっては、口頭連絡じゃないと連絡したことにすらならないなんて場合も。

相談する。これは私は1番苦手だと思います。百聞は一見にしかずとか言いますし、1人で悩んだり抱え込んでいるよりも、人から聞くことが早いとは知っているものの、中々聞けません。

分からないことあれば聞いて、とは言われるものの、分からないことが分からない、なんてよくあるもの。

どう聞けばいいのかも分からない。聞くための質問が下手。聞きたいことに辿り着くまでの説明や文章、やりとりが下手。

聞いたら邪魔しちゃうかなとか、無能だと思われるとか、聞く前に色々考えて、結局聞かない。

つまり、、、コミュニケーションが下手ということ。

「ほうれんそう」のハードルが社会人になってから、とても高く感じるようになりました。

学生の頃はコミュニケーションに対する抵抗感や苦手意識は皆無でした。ノリでなんとかなるみたいな感じ。

しかし、社会人になってからはコミュニケーションが苦手なんだとおもうように。

職場の人とのうまくいかない会話、業務連絡などの伝達・共有ミス、職場内連絡の決め事や暗黙の了解のめんどくささ。

社会人一年目はとにかく、自分のコミュニケーション能力の無さを痛感しました。

社会人におけるコミュニケーション能力は、とにかく人との間の調整能力なんだと思います。上司・顧客・同僚など、他者との間の絶妙な関わりを作り出す能力。

学生時代はとにかく楽しく面白く話せれば良し。さらに合わない人とは関わらない。ノリの合う人と付き合えば良し。

社会人は、合わない人とのコミュニケーションです。避けるのは無理。避けたら非難されますし。

社会人ギャップ

社会人一年目でさらに自分に対して自信を無くしたと思います。

コミュニケーションを高めていくには、とにかく実践あるのみだと思いますが、こんなに高まる望みが見込めないのはないでしょう。

私は思い返せば昔からコミュニケーション能力は低かったのだと思います。

早く伝えて、とか。早く言って、とか。言ってくれればぁ、なんて言われることは昔からです。人との関わりは、とにかく嫌いな人は避けて生きてきました。顔に出やすいので相手方もわかりやすかったでしょう。なので、目の敵にもされがちでした。

学生時代のうまくいかなかったエピソードはほとんど私のコミュニケーション能力不足に要因があるのでは?と思うようになりました。

社会人として良き成人になれるよう、少しずつでもコミュニケーション力を高めていけるようにがんばりたいと思います。

しかし、こんなに自信がない分野はないですね。

コミュニケーション能力高い人、どんな生活してるんでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました