アセットアロケーション大事

市況を見る
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ここ最近は「金利」がよく話題に上がっておりましたね。

FRB(米国)が利上げして、
ECB(欧州)が利上げして、
一方その頃うちの黒田は、、、

「利上げ?上げてどうにかなると思っているのかね。狂っている?言うのが半世紀ほど遅いぞ、バチカンイスカリオテ。」

基本的には、より利回りが高いところにお金が集まりますからアメリカやヨーロッパ方面に投資資金が向かいますわな。とかくアメリカへ。

つまるところ、ドル・ユーロあたりの通貨が買われ、
米国や欧州諸国の株式やら債券が買われ、そしてますます日本円は売られると。

そんな感じの近況です。

国内で言えば、
若年層(20〜30代)が比較的資産運用に積極的に取り組んでいますが
みんなアメリカ大好きなので総じて「米国株」に資金が向かっております。

S&P500、大好き。

これも結局ドルで買うことになるので、円を売ってることになります。
円安進行が促進ですわ。

証券口座で日本円で買っても、あれ結局バックエンドで為替してますからね。
みんな日本をお捨てになってるわけですね。
円安進行でさらに外貨を買う動きが加速している印象ですね。

銘柄選択ではない

こんな時、「円安に強い銘柄」やら「世界で負けない日本企業」やら
とにかく「こんな状況で勝てる!・儲かる!銘柄」みたいな情報が
たーくさん出ます。

しかーし。
こんな時に意識したいのは、
何を買うか?でも、
いつ買うか?(今d…)でもなく

「いくらをどこに置くか」だと思います。

かっこよく言うと、アセットアロケーションです。
母国語で言うと、資産配分です。

投資・資産運用=株(またはFX)
みたいなイメージを持つ人もいるかと思いますが、そうではないということ。

「現預金」「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」「不動産」「商品・金」
などなど分類すると、色々あります。

それぞれを「箱」として考え、各箱にいくら入れておくかを考える。
これがアセットアロケーションです。

卵を1つのカゴに盛るなと言うやつです。

箱にも鮮度があるんだ

きちんと預金も1つの選択肢として考えるわけですが、
とかく、、、、日本では預金の比率が高いというのが特徴です。

預金と保険・年金で個人資産の80%を占めるというデータが出ています。

悪いとは言いませんがこの「箱」の利回りが低いので、
いい選択肢ではないよね〜、と最近は叫ばれています。

預金は利率0.001%、保険商品はせいぜい1.5%がいいとこでしょう。
ネット銀行では利率が高いところがありますが、とは言え0.1%ほど。

保険はそもそも本来「リスクヘッジ」であって
投資・資産運用・利回りを求めること自体がお門違い、だと思いまして。

結局株かい!となるわけですが何も「全ぶっ込みしろ」と言う話ではありません。

かつては預金が正解だったわけです。

私の祖母は保険でかなりボロ儲けしてます。

それこそ郵便貯金が大正解の時代があったわけです。
預金と貯金は本来別物ですが、いまだにお金をキャッシュで貯めることを「貯金」と言うのは
それほどゆうちょがすごかったと言う影響力の名残ですね。

要はその時々で、旬を見極め、良い箱に入れていく必要があるよねと言うことです。

それで言うと今は「預金」「保険」は比率は必要最低限でいいよねと言うこと。

可愛い子には旅をさせるんだ

アセットアロケーションを進めていく上で大切なのは事前の把握です。
懐事情を知ろうぜ、と言うこと。

・直近1ヶ月で使う生活費
・6ヶ月分ほどの生活費(もしもの時の備えとして)
・今後3年ほどで必要になりそうな資金(子供の入学金が、、、とか)

サラッと考えて上記のところに”該当しないお金”
株式などのリスク資産に回すと良いかと思います。

きちんと必要分の現金を確保しておくことで、
気兼ねなくリスク資産に回して高パフォーマンスを求めることができます。

それこそ今月の生活費を米国株に回したら詰みです。
「え、家賃?ちょっと待って。マクド○ルド株今売るから!あ!下がってる!ファーーーーーーー・・・・。」
なんていうめんどくさいことになります。
キャッシュタイセツ。

無理して株式を買って、気になって仕方ないなんてことになったら
本当に下がった時に売ってしまって損しちゃう、なんてことも。

長期投資は資産運用としては良いパフォーマンス出しますよと言われても、、、
不安な人は不安になります。
それであれば無理せず債券や金などで運用することも一考です。
値動きが荒くならないように調整するのもアセットアロケーションの手法です。

ぬくぬくおうちで持っておくお金と、外で旅させるお金
みたいな感じで棲み分けすることで
日々の動向に左右されない資産運用ができるのでは、というお話です。

もちろん日々のトレードを楽しめる人は資産配分などは気にせずと思いますが、
それこそ「老後資金」を考えている人は「長期投資」が大切です。

長く相場とお付き合いするには、銘柄は大して問題にはなりません。
資産クラスをどうするか?です。

株式の長期パフォーマンスが良いことは書籍などでもよく紹介されていますが、
その「株式」と言う大義と長く付き合うには「株式」という資産区分で広くみる必要があります。

IPOする企業もいれば、倒産・整理する企業もあるわけです。
なんとかショックも当然きます。
株式の死なんていう時もあったわけです。

それでも投資を続けるにはより引いた目線が必要です。

アセットアロケーションを考えた投資は、
「銘柄選択」を見ている投資よりもよっぽどゆったりと構えられそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました