僕は天邪鬼

プロフィール
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

不意に、自分はどういう人間なのか?って考えるときがある

そしてこう思った。

「天邪鬼」〜あまのじゃく〜

何かと反対方向に行きたがる。あえて逆をいく。めんどくさいやつ、ひねくれ者。

僕は、何かと群れることを嫌う、様に見える。
見えるというと他人視点だが、客観的に見るとそう見えると思う。
小学校、中学校、高校、大学という学生時代。
とにかく単独行動が多かった。
友達集団を常に外から眺めていた。
別に集団を嫌っているわけではない。
実際、やっていたスポーツは野球・ソフトボール。バリバリ集団競技だ。
でも、いつの間にかそうなっている。
集団の中心でもなく、その取り巻きでもなく、絡まれるわけでもなく、
全く別の、外の人物。
そして、大体いつも、仲のいい1人といるような感じ。
しかも決まって仲がいいのは、その環境で1人か2人。
なので、その仲の良い子が他の子といたり休んだりすると、私は1人になる。
そんな常にべったりなんてことないので、=単独行動が多くなる。
望んでそうしているわけではない。
結果、そうなる。

だから、そんなことをしているせいか、
あいつは大勢が苦手みたいな空気になり、集団の輪に入りづらい感じになった。
特にテンションハイでもなく、空気読んだ会話も苦手で、社交的でもないので、
自ずと群れなくなる。
何度もいうが、群れるのが嫌いとか、群れている人を下に見てるとか、そういうのではない。

思い返すとこんなだったな、という独り言である。

私は、自分で言うのもなんだが「集団」でいることは好きだ。
いろんな人と話せるし、活気があるし、元気になれる。
何より、大勢の人間に混ざるので自分が薄くなる。
それでも行動しているし、多数派感が出る。なんとなく優越感もある。
何かと「個性」を求めてくる現代において、
これほどいい休憩所はない。
我を出す必要がないのだ。
流れに乗ればいい、そこにいることでいいのだ。

でも、ほとんどこういう経験がない。
ゼロではない。
でも、ほとんどないと言っていい。

なぜだ。
私も本当はそうしたかった。
学生時代は集団のグループにいれば、何かと有利だ。
登下校、授業中、休み時間、体育祭、文化祭、修学旅行、宿題などなど
関わる友達に苦労することはなくなる。
ことがとても運びやすい。
そして大抵の場合、このグループはクラス・学年のトップ階層だ。ヒエラルキー上位だ。
ここにいれば学校生活は青天井で楽しくなる。
青春の1ページ確定案件となる。

それでも事実、無縁だった。

これはもう天邪鬼だ。

そうしたい、でもそうしない。
あえて違う道に行っている。

やろうと思えばできたはずだ。
少ない友を連れてそのまま加われたはずだ。
陽キャを演じてできたはずだ。
群れを作ることも可能だった。

それでもしていない

一人が好きなのか?
いいや、そんなことはない。
一人の時間が多いだけ。
集団でいる人たちを、常に外から見ているせいで、
むしろかなり寂しがり屋だ。

学校は行かなくていい。
あそこは集団生活の場だ。
横並びで、平均しか生まない。
個性をつぶす。なんて、
最近、何かと、頭良さげな方々がおっしゃているが。

そんなんで潰れる個性は個性じゃない。
おそらく、個性はもっと違うとこで形成される。
学校で個性を育てようとすることが、無理ある。

それに、みんながみんな際立ちたいわけじゃない。
集団に溶け込みたい、目立たず、後方にいたい人だっている。
集団にいたいのに、入れない人もいるのに。
平均でいいのに。

ジョブ型とか、能力主義とか、成功報酬型とか。
専門的人材をとか、
なんだか何かと、急に「個」を求められている感じがする。

副業推進とか、新しい生活とか、
急に個人主義というか、
ひとりひとりの意識が大事です、みたいな。

天邪鬼にはきつい時代ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました